建築物の敷地・構造・設備について

最初の投資は札幌の不動産を選び、下のような計画を立てました。Tさんは、某証券会社に勤務する37歳のサラリーマンです。現在、2児の父親です。数年前に投資用マンションを購入し、今回が2件目の不動産投資になります。全6戸という、比較的小さめのアパートですが、立地がよく、またタイミングよく物件情報と巡り会えたため、今回の購入に踏み切ることにしたそうです。2001年から投資を始めて、3年目です。Sさんは、某新聞社に勤務する35歳のサラリーマン。現在、奥様と二人暮しです。支出するばかりのマイホームより、インカムゲインを運んでくれる不動産投資をしたいという明確な目標があり、この物件を選択しました。インカムゲインは基本的に貯蓄に回し、次の物件購入に備えていますが、自分へのご褒美として、ちょっとだけ贅沢をすることもあるそうです。不動産投資をするには、さまざまな法律の知識をおさえておくことが必要になります。一見、面倒くさい作業のようにも思えますが、ここで得た知識は一生使えます。代表的な法律や制度、そして最近施行された法律をご紹介します。不動産について勉強するときに、基本としておさえておきたい法律です。宅地とは、建物が建っている土地や、建築目的で取引される土地のことです。宅地や建物を売買・交換・貸借などを目的に取引する業者、つまり不動産業者が守らなければならない法律です。適正な取引と消費者の保護を目的としています。媒介契約制度、重要事項説明義務、媒介報酬規定などはこの法律に基づいています。また、宅地建物取引業を営む者に免許制度を設けています。免許の有効期間は5年間で、期限が満了したら更新しなければなりません。免許を受けることができる条件としては、事務所には従業員5名につき1名の割合以上、案内所には1名以上の専任の取引主任者を設置していることなどがあります。国民の生命・健康・財産を守るために、建築物についての最低の基準を定めている法律です。建築物を建てる場合には、原則「建築確認」を受ける必要があります。建築確認とは、工事に着工する前に、その建築計画が建築基準関係規定に適合しているかどうか、チェックを受ける制度です。建物が完成した時には、建築主事の完了検査を受け、検査済証をもらわなければ、その建物を使用することができません。建築主事は、建築確認を申請された建築物の敷地・構造・設備について、建築基準法の他、都市計画法、消防法なども照らし合わせて判断を下します。 

新築一戸建てへお引越しはこのサイト伊丹市で中古・新築一戸建てをお探しの方にオススメのサイトをご案内します。こちらは,売り出し中の物件一覧ページであり,伊丹市の中で便利な場所や,どれぐらいの予算なのかなどを詳しく掲載しています。伊丹市の最大の特徴は,東側エリアに空港があり,空港までは市営バスで行くことができることではないでしょうか。お仕事やプライベートで飛行機を利用されるお客さまには特にオススメです。近年では国内の移動も飛行機が安く便利になっています。また空港の隣には飛行機の離着陸を見学ができるエリアもあり,近くに市立こども文化科学館も。中には最新鋭のプラネタリューム(メガスター)が設置されており,星空を見ることができると子どもにも大人気です!そんな豊かな住環境で新生活を夢見て,戸建て物件さがしを始めませんか?