特約事項を交わす

住宅を手に入れるためには、既に建っているものを購入するか、新たに建設するしかありません。新たに建設する場合に、建築工事を建設業者に依頼する契約が建築請負契約です。請負とは請負人が一定期日までに建築工事の完成を約束し、その結果に対して注文者が報酬を支払うことを約束することで成立します。できあがった商品を購入する訳ではありませんから、工事の期間中に生じるかもしれないことへの対応や、予想される商品のでき上がりに対する確認など、不確定な要素をあらかじめ決めておくことが必要となります。それが請負契約の約款の内容です。大きな金額のかかる契約ですし、約款で取り決めた内容に左右されることが多いので、よく見ておくべきです。設計を建築士に頼んでいる場合は、請負契約についても、当然見てもらえると思いますが、自分でも大切なポイントは理解しておくべきでしょう。完成・引渡しの予定期日、代金の支払方法と時期、遅延した場合の損害金、建物の暇疵担保期間、解約できるのはどういう場合か、その時の損害賠償はどうなるかなどは重要です。仕様書・見積書も大事ですから再度確認しましょう。住宅メーカーに頼む場合は、それぞれの会社で標準約款を備えていますが、個別の事情で建築の実施を左右する事柄については、特約事項を交わすことになります。